医療保障を選ぶ際に、終身型か定期型か迷ってしまいますがそれぞれの特徴を取り上げています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

終身型か定期型か

終身型は生涯安心して保障が受けられるという点が特徴になっています。
また保険料が変わらないという点も安心になっています。
しかしそれだけに保険会社を決めるのが重要になっています。
ちなみに終身型とひとくちにいっても一定年齢や一定期間で保険料の支払いをするものから定期的に支払いをする必要があるものなど、さまざまな種類があります。
また将来保険料が半額になるタイプもありますので、老後に保険料の支払いを軽くしたいというような方にはオススメになっています。
各保険会社によって内容や料金には差がありますので、よく自分の状況を把握した上で決定することが必要です。
医療保障には上記に挙げた終身型のほかにも定期型といわれるものがあります。
やはりどちらが良いのかは個々によって異なるので一概にはいえないのですが、定期型と終身型をミックスさせて利用するというのもひとつの方法です。
例えばまずは終身型にしておき、病気の危険性が高まる40歳から75歳まで定期型にするというのもひとつの方法でしょう。
このほかにもボーナスがついていたり、ガンなど特定の病気に強いものなどさまざまな種類がありますので、よく考えた上で決定することが重要です。
医療保険のサイトなどでは資料を一括請求できたり、自分にどのような保障が向いているのかを簡単に調べることができるツールなどが付いているものもあります。
医療保険を決める際にはそのようなサービスも利用することができるでしょう。
Search
Copyright (C)2017達人が選ぶ「入っておきたい保険」とは?〜良い医療保険〜.All rights reserved.